お知らせコラム

トップ>お知らせコラム> 東京都の浮気・不倫調査事例②
2020/02/26 浮気・不倫調査事例 LINE不倫浮気費用
東京都の浮気・不倫調査事例②

ご相談内容

夫のスマホに女性の名前からLINEのメッセージが届くのをたまたま見かけ、夫が寝ているときにスマホを見ると、女性との肉体関係を匂わすやりとりがありました。次の日、夫に問い詰めると、ごまかして浮気を認めず「仕事の関係で食事をしただけ」「俺の言うことが信じられないのか」と逆ギレされてしまいました。親しい友人に相談して、まえにも浮気されたことがあったため離婚の決心を固め、夫と相手女性から慰謝料を取る方法を調べました。弁護士に相談すると「LINEの内容だけでは弱いので、二人が一夜を過ごした証拠があると良い。また相手女性に請求するには、名前と住所が必要」と聞いたので探偵に依頼しました。

 

調査過程

夫が「連休に男友達と泊まりでゴルフに行く」といった日に家から調査開始。車で30分ほどのところにあるコンビニで女性をひろいました。高速道路に乗り、サービスエリアで昼食をとった後、しばらく郊外へと車を走らせました。温泉地に到着すると二人で旅館へ。夫と女性が客室へと入ったところで依頼者の意向により1日目の調査は終了しました。

2日目、旅館ロビーから調査を開始。夫と女性はチェックアウト後、車で移動。湖の展望台やお土産屋などを観光。その後コンビニで女性を降ろして別れました。依頼者の意向により女性を尾行し、女性の住むマンションと部屋番号、氏名をつきとめました。

 

調査結果

旅館のチェックイン・チェックアウトの撮影
相手女性の顔、全身の撮影
相手女性のマンションと部屋番号、氏名の特定

弊社では業務に際しお客様のプライバシーを尊重し個人情報に対して十分な配慮を行うと共に大切に保護し適正な管理に努めております。

個人情報利用目的
お客様の個人情報は、原則として、当社のサービスに関する情報をご提供する目的や当社に対するご意見、ご要望に関する今後の改善、及び、問い合せに関するご回答のために利用致します。 それ以外の目的で利用する場合は個人情報をご提供いただく際に予め目的を明示しておりますのでご確認下さい。

個人情報の管理
お客様の個人情報は、第三者がアクセスできないよう、安全な環境下で管理しております。

第三者への情報提供
お客様の個人情報は、以下の場合を除き第三者に開示、提供、譲渡することは致しません。
・当社の業務委託先において業務遂行上必要な場合
・法的拘束力がある第三者機関からの開示要求がある場合
・お客様本人の同意があった場合

お問い合わせ窓口
お客様の個人情報に関するお問い合わせにつきましては、下記窓口で受け付けております。
クライン探偵事務所
東京都中央区日本橋本石町4-6-21 S・P第三ビル5F
TEL:03-6821-2214